ブログ|静的志向

言語言語切替
日本語 English
サイト内検索

札幌在住のTakaによる静的htmlで作成したブログです。

素早く表示されるブログを作ることを目的として書いています。

スマホ初心者が超簡単に機種を選ぶためのコツ

alcatel

スマホって機種が多くてどれを選んだらいいのか難しいです。特にAndroidはiPhoneよりも数多くのメーカーが生産しているので、なおさら判断に迷います。そこで今回はスマホ初心者向けにスマホの選び方について解説します。またキャリアよりもSIMフリー向けの内容となっています。

スマホ買い替え

ちなみに今回の内容はボクのカナダ在住の友人向けに書きます。似たような悩みを持っている人が少しでも解決できれば幸いです。

1.iPhoneにするかAndroidにするか

どうしてもiPhoneがいい!って方は素直にiPhoneにしましょう。ただしAndroidより高いです。値段だけは覚悟してください。

iPhoneだAndroidだより予算が大事って方はAndroidも候補に入れましょう。ただしiPhoneに比べAndroidはケースの種類が少ないです。「どうしてもこだわりのスマホケースを使いたい!」って方は素直にiPhoneにしましょう。外見は人によってはとても大事なので、妥協してはいけません。

ボク個人としてのiPhoneにするかAndroidにするかの基準としては「スマホでクレジットカードを使って買い物をするかどうか」です。金融関係をスマホで扱うならiPhone一択だと考えています。もしAndroidで買い物をするとしても、Amazonなど超大手のみにして、さらに専用アプリを使って注文します。よくわからない怪しいサイトでAndroidで決済は絶対にしません。スマホ本体の値段よりも、セキュリティが一番大事と考えているからです。


iPhoneとAndroidのまとめ

  • どうしてもAndroidは嫌
  • 多種多様なケースを選びたいから
  • クレカを使って色んなサイトで買い物をしたい

↑こういったスマホを使い方をする場合はiPhoneです。それ以外ならAndroidも考えます。

2.性能云々よりも第一に画面の大きさが大事

少し前置きから↓

世の中にはスペックがどうのこうのと主張する人がいますけど、はっきり言ってスマホにそこまで性能は必要ありません。

そもそもコンピュータにおいて性能を上げると(CPUとかね)、発熱の問題が出てきます。簡単に言うとスマホの性能を上げると本体が熱くなって持っていられなくなります。パソコンならCPUクーラーの強化(水冷式にするとか)エアフローを効率良くするなどで発熱問題は解消できますが、スマホのように小さい端末ではどうしても構造上、冷却に限界があるのです。そうした理由からスマホに求める性能はそこそこで十分となります。

またスマホはパソコンと違い「生産でなく消費」のための道具です。生産で使わないのに、そんなに高性能を求める必要はないのです。ある程度の性能(以下どんどん説明します)があれば、一般的な使い方なら十分に満足できます。

ただしがっつりゲームをやる人は別です(特に3Dゲーム)。最新のiPhoneにするか、値段の高いハイスペックAndroidを買ってください。そうでないと「ゲーム中に画面がカクカクする」「音飛びする」などの不満が出てきます。

あと動画編集とかやりたい人はパソコンにしましょう。スマホやタブレットでも一応できますが、大画面でスマホより性能の良いパソコンを使った方が圧倒的に効率が良いからです。


ここから画面の大きさについての本題です。

画面の大きさと、スマホを手に持ったときの持ちやすさは個人によって何が適切なのか千差万別です。こればっかりは「どれが良い」とおすすめできません。

一般的に言えることは、大画面だと見やすい・小さいと片手で扱えるぐらいです。スマホを片手で扱いたい場合は4.5インチ(iPhone5s)ぐらいまで、もしくはiPhoen6(4.7)インチぐらいまでですかね~

参考までにボクは身長170cm弱でスマホを片手で扱うにはiPhone5sが限界です。しかしこれも身長・性別・手の大きさや指の長さによって変わります。また初めからスマホを両手で扱う人にとっては大画面の方が良いでしょう。しかしあまり大きすぎる画面だとポケットにスマホが入らない問題も出てきます。と言っても普段スマホをカバンに入れる人にとっては問題になりませんが。

ということで、自分の身体と使い方に合ったスマホを探すために「家電量販店」に行って実機を手にとってみましょう。自分にとって「この大きさが使いやすい」というサイズが決まれば、あとは予算と必要最低限の性能を満たすかで、どのスマホを買うか決めていきます。


画面の大きさについてのまとめ

  • とりあえず性能云々は後回し
  • 家電量販店に行って実機を触ってみる
  • スマホの持ち方は片手?それとも両手?
  • スマホをカバンに入れて持ち歩く?ポケットに入れる?
  • 一番見やすい画面の大きさは?
  • 使いやすかったスマホのサイズ(○○インチ)をメモしておこう!

↑これでスマホが選びやすくなります。iPhoneなら種類も少ないし、値段を考慮しなければ割りとすぐに決まるはずです。Androidは機種がたっくさんあるので、↓以降で性能による選び方について説明します。

3.iPhoneは容量、AndroidはRAMとMicro SDが使えるかどうか

iPhoneを買いたい人は、あとは容量と予算で決めます。この記事はスマホ初心者向けに書いているので「最新iPhoneの中間容量」を購入するのがベストでしょう。

容量が少ないとiPhoneの扱い方に工夫が必要だし、最大容量は値段が高いからです。また古いiPhoneより新しいiPhoneの方が、今後のOSアップデートにも長く対応してくれます。そういった理由から「最新iPhoneの中間容量」がベストを考えています。


AndroidはRAM(ラム)が2GB、Micro SDが使えること、OSがAndroid 5.0以上であることが重要です。

もう少し詳しく説明します

まずRAMは2GBあれば必要十分です。1GB以下では現状のAndroidでは動作が厳しいですし、3GB以上あってもたくさんゲームをしたりしなければ持て余す容量です。ということでRAMは2GBがベストです。もちろんRAM 3GB以上あってもいいのですが、おそらくそういった機種は予算オーバーする可能性が高くなります。

Micso SDが使えれば、スマホ本体の容量は8GBでも十分です。しかしMicro SDが使えない(Nexusなど)と本体容量の上乗せができません。それなら初めからAndroidでなくiPhoneを買うべきです。Micro SDが使えることが、Androidの長所なのです。

それとMicro SDも安くなっています。容量で選ぶなら容量単価で一番お得な64GB、しかし2,000円以上でないと送料がかかる可能性があるので128GBを選ぶのもお得です。

OSについては古いとセキュリティに不安があります。もちろん最新のOSであると良いのですが、Androidは機種ごとにOSアップデートされるかバラつきがあります。そういった観点からAnddroid 5.0以上を選びましょう。

よわからない場合は、数字がAndroid 5.0以上、もしくはLolipopかMashmallowであれば大丈夫と考えてください。数字がAndrid 4 やKitKatと記載されている機種は避けてください。

その他について

画質(解像度)については長辺(縦の大きさ)が1280px以上あれば十分です。1980pxあると画面は綺麗に見えますが、電池持ちは少し悪くなります。ただし6インチ以上の大画面の場合は、1980px以上にしましょう。そうでないと少し画面がボヤケた感じに見えます。

カメラについては、各社が解像度(ピクセル数)で高性能を売りにしていますが、画質の良い写真を撮りたいならスマホに期待しないでください。そもそも超綺麗な写真を撮りたいなら素直にデジタル一眼レフやミラーレス一眼を買うべきです。

デジカメで撮影した画像をスマホに転送するのが、スマホで良い写真を見る方法です。でも今のスマホのカメラは性能が上がっているので、そこまでこだわる必要はないと思います。どうせFacebookやTwitter、Isstagramにアップロードする時に圧縮されるので。

電池の容量・電池交換の可否・外縁の材質・ガラスの種類・対応Band・SIMスロット数など、細かい要素を上げると切りがありません。スマホ初心者がSIMフリーを買うなら「日本国内で販売されているなら大丈夫」ってぐらいの認識で十分です。スペックに興味ある人やマニアは自分で詳しく調べてみてください。

とりあえず電池に関してはモバイルバッテリーがあれば問題なしと言っておきます。

「Pokemon Goができるかどうか」については、店頭で実機にアプリをインストールさせてもらい、実際に起動するかどうかを確かめてみるのが確実です。「ゲームのできる条件を満たしているのに、スマホを購入してみたらpokemonができなかたった」となったら悲しすぎるので。

↓pokemonについてはfeetelのsamurai reiなら確実に遊べると、freetelが発表しています。


iPhoneは容量、AndroidはRAMとMicro SDが使えるかどうかのまとめ

  • iPhoneは「最新iPhoneの中間容量」がベスト

Androidは

  • RAMが2GB、もしくは2GB以上
  • Micro SDが使えること
  • OSがAndroid 5.0以上(Lolipop、もしくはMashmallow)
  • SIMフリーは日本国内で販売されているものを買うこと
  • Pokemon Goは店頭にて実機で使えるかテストさせてもらう

簡潔にまとめると↑以上になります。

初心者のためのスマホの選び方の総括

  1. iPhoneに対するこだわりやケースの種類を基準にするならiPhone、予算重視ならAndroidも視野に入れる
  2. スマホでAmazonなどの超大手以外のサイトで買い物をするなら、セキュリティを考慮してiPhoneにしよう。Androidならそのサイト専用アプリで買い物しよう。
  3. 性能云々より画面の大きさと持ったときの扱いやすさを最重要にする。家電量販店に行って実機を触ってこよう。
  4. iPhoneなら「最新iPhoneの中間容量、Androidは↓
  5. RAMが2GB、もしくは2GB以上
  6. Micro SDが使えること
  7. OSがAndroid 5.0以上(Lolipop、もしくはMashmallow)
  8. SIMフリーは日本国内で販売されているものを買うこと
  9. Pokemon Goは店頭にて実機で使えるかテストさせてもらう

加えて電池持ちに不安や不満があるならモバイルバッテリーを購入しましょう

↓鋭意制作中↓

ダイエットエラミカ

私自身の実践と経験に基づくリバウンドしないダイエットについて詳しく解説しています。

筋肉量31.4kg

BMI21.9 筋肉型スリム

元の用紙はこちら

↑このように私自身の体組成結果をすべて公開しています。現時点で2年以上のデータ、体脂肪率1桁の結果は21ヶ月連続で達成中です。

詳しくは「ダイエットエラミカ」よりご覧ください。

Sponsor Link

シェアしてくれると嬉しいです