ブログ|静的志向

言語言語切替
日本語 English
サイト内検索

札幌在住のTakaによる静的htmlで作成したブログです。

素早く表示されるブログを作ることを目的として書いています。

リアルタイムでポケモンの居場所がわかるpokevisionを利用して効率良くポケモンをゲットしよう

poke vision

pokemon goで自分の住んでいる地域にどれくらいポケモンが生息しているのか調べてみたくないですか?もっと効率良くポケモンを集めたいと思いませんか?そのような願いを叶えてくれる便利なサイトがすでに存在していました。

そのサイト名は「poke vision(ポケヴィジョン)」です。海外のサイトなので文章はすべて英語ですが、使い方はとても簡単です。

地域名をローマ字で書ければOK

まずはpoke vision(ポケヴィジョン)にアクセスしましょう。

poke vision(ポケヴィジョン)

sapporo

スマホからpoke visionにアクセスしたときの画面です。検索ボックスがあるので、ポケモンの生息数を調べたい場所をローマ字入力して検索しましょう。今回はボクが札幌に住んでいるので「Sapporo」を入力しました。

「Sapporo」で検索すると北海道庁が表示されます。別に北海道庁に行くわけでもないので、ここからは地図を操作して自分が行きたい場所まで移動させます。今回はたくさんのポケモントレーナーが集まる中島公園に移動してみることにします。

中島公園

地図を中島公園に移動させ、画像下部のSearchボタンを押したところです。すでにトサキント・コダック・コラッタ・ニョロモが見えていますが、

中島公園

さらにポケモンが増えました。ヒトデマンとコイキングが追加されています。

各ポケモンの下にはそのポケモンが存在する残り時間です。00:00になるとポケモンは消えてしまうので、制限時間内にポケモンの場所まで移動してゲットしましょう!

30秒

ポケモン検索は30秒たてばまたできます。「click To Find Pokemon Near Marker」の下にあるちょっと色の濃い部分が周りの色と同化すれば、再検索できる合図です。

これだけで 検索 → ポケモンの場所まで移動 → ゲット! → 再検索...の繰り返しで、効率良くポケモンを集めるとが可能になります。

実際にpoke visionを使って集めてみた

以下新しくGETしたポケモンたちです。

コンパン ニャース
モルフォン タマタマ
ミニリュウ ヤドン

モルフォンとミニリュウが嬉しいですね。モルフォンは現時点で初めから強いし、ミニリュウは頑張って育てればカイリューになりますからね。といってもカイリューになるのはいつになることやら...

poke visionは高効率だけど疲れます

今日は夕方から1時間ぐらいpoke visionを使いました。もうぐったりです...

ポケモンの居場所がわかってしまうので「誰にゲットされる前に捕まえなくては!」と焦ります。

さらに信号があると「赤になる前に早く移動しないと!」ってなります。

そんなわけで本日は消耗してしまいました。したがって明日からは早起きして、人の少ない中島公園に移動してポケモン狩りをやろうと思います!

これで早寝早起きの習慣ができると良いですね。

↓鋭意制作中↓

ダイエットエラミカ

私自身の実践と経験に基づくリバウンドしないダイエットについて詳しく解説しています。

筋肉量31.4kg

BMI21.9 筋肉型スリム

元の用紙はこちら

↑このように私自身の体組成結果をすべて公開しています。現時点で2年以上のデータ、体脂肪率1桁の結果は21ヶ月連続で達成中です。

詳しくは「ダイエットエラミカ」よりご覧ください。

Sponsor Link

シェアしてくれると嬉しいです