ブログ|静的志向

言語言語切替
日本語 English
サイト内検索

札幌在住のTakaによる静的htmlで作成したブログです。

素早く表示されるブログを作ることを目的として書いています。

Android OSが1時間で150MB以上もバックグラウンド通信をしていたときの対処方法

heavy

1日で231MBも使っています。しかもこの通信、全然使った覚えがありません。

内訳を見ると送信:113.6MB、受信118.2MB。送受信で半々といったところです...って送信なんてしませんよ!せいぜいDropboxにメモ(もちろんテキストファイル)をアップロードするぐらいで、画像や動画などの重たいファイルは送った記憶がありません。

原因はAndroid OSのバックグラウンド通信

バックグラウンド

設定 → データ使用量 → JP DOCOMO から何のアプリがデータ通信しているのかを調べてみたところ、犯人はAndroid OSでした。しかもフォアグラウンドは0MB、全部バックグラウンド通信です!

通信量モニター

いつも使っている通信量把握アプリ「通信量モニター」でも確認したところ、13:00~15:00の間にたくさん通信されていました。14:00~15:00では送受信で150MB以上も使っています。いったい何があったのでしょう?

詳しい原因はわかりませんが、とりあえず日中の時間にAndroid OSアプリが謎の通信を行なっていたことは事実でしょう。問題は今後どう対処して意味不明な通信を抑えるか、です。

個別にモバイルデータ通信が管理できない

普通のアプリなら個別でバックグラウンド通信を制限をするか否かを選択できます。しかしAndroid OSアプリはシステムに関わっているからなのか、バックグラウンド通信をOffにすることができません。モバイルデータ通信そのものをOffにすればバックグラウンド通信も行われなくなりますが...そんなことをしたらスマホでネットができなくなってしまいます。Wi-Fiしか使えないスマホなんてipod touchと変わりありません。

端末をルート化してどうのこうの~ってやれば解決するかもしれません。しかしそこまでボクはAndroidに詳しくありません。ということで別の方法でバックグラウンド通信を制限する必要があります。

送信の犯人はバックアップ

受信だけでなく送信もしてるってことは、何らかのデータを送っているということです。

特に怪しいアプリを入れているわけでもないので、まともな内容で送信しているとなると...バックアップが怪しい!

バックアップ

設定 → バックアップとリセット からデータのバックアップをOffにします。

このデータのバックアップをOffにすると「Wi-Fiパスワード、ブックマーク、その他の設定とアプリのデータのバックアップを停止し、Googleサーバー上のすべてのコピーを削除しますか?」と聞かれるので「OK」を選択しましょう。とりあえずこれで無駄なバックグラウンド通信はなくなるはずです。

↓鋭意制作中↓

ダイエットエラミカ

私自身の実践と経験に基づくリバウンドしないダイエットについて詳しく解説しています。

筋肉量31.4kg

BMI21.9 筋肉型スリム

元の用紙はこちら

↑このように私自身の体組成結果をすべて公開しています。現時点で2年以上のデータ、体脂肪率1桁の結果は21ヶ月連続で達成中です。

詳しくは「ダイエットエラミカ」よりご覧ください。

Sponsor Link

シェアしてくれると嬉しいです