ブログ|静的志向

言語言語切替
日本語 English
サイト内検索

札幌在住のTakaによる静的htmlで作成したブログです。

素早く表示されるブログを作ることを目的として書いています。

静的志向について

当サイトは札幌在住の管理人Takaによる「静的htmlで作る自作ブログ」です。一般的なブログサービスや世界中で使われているWordPressでなく、すべてオリジナルのシステムを構築してブログ運営をしております。

なおサイト管理人のプロフィールについては「こちら」をご覧ください。

表示速度にこだわる

「動的サイトよりも表示の早いブログを作る」ことが目的です。そのため静的htmlでページを作成しています。

pingdom

Pingdom Website Speed Testというページで表示速度を測定します。

summary load time

↑結果は3.33秒でした。この速度なら快適に表示されるはずです。

さて、「静的htmlでは、例えばヘッダーやフッターに変更があったときに、動的サイトでないから一括で変更できないのでは?」とブログ(特にWordPress)をやっている方は思うかもしれません。しかし静的志向では独自のシステムを構築し、静的htmlでも各ページの一括変更に対応しています。

私自身、WordPressをやっていたことがあるので比較できますが、静的htmlはブログよりも記事更新の手間がかかります。それにもかかわらず私が静的htmlにこだわっているのは「閲覧者が快適に見れるページ(=表示の早いサイト)を作りたい!」と願っているからです。

動的htmlはたしかにサイトの管理が楽です。WordPressなら便利なプラグインもあるし、世界中の開発者が携わっているし、各社のブログサービスはアプリを使ってスマホやタブレットからの更新もできます。

一方で当ブログのように静的htmlにこだわってしまうと、スマホやタブレットからの更新は一応できるけど非常に面倒だし、便利なプラグインもないし、開発はすべて自分で行なう必要があります。静的htnmlは、単にブログを書くだけなら割に合わない労力がかかるのです。

それでも私は「動的サイトよりも表示の早いブログを作る」ことを願いました。だからこそ、静的志向を作り、運営を続けているのです。

ブログ以外のコンテンツを作る

静的htmlは、本来ならブログでなくホームページ作成に使われます。このブログの更新過程は

  1. 記事を書く
  2. 編集する
  3. FTPサーバーに記事をアップロードする
  4. 実際の表示を確認する

↑この流れは完全に「ホームページの更新」と同じです。つまり静的htnmlでブログを日々更新するということは、日々ホームページを更新していくようなものなのです。

この事実に気がついたとき、「ブログ以外のページも作れるのでは?」と思いました。

そこで実際にブログコンテンツでなく、固定コンテンツの制作も挑戦してみることにしました。現在はまだ「ギャラリー」のページしかありませんが、今後コンテンツを増やしていく予定です。

多言語に対応する

インターネットは国境を超えます。つまり日本だけでなく、外国にも発信できるのです。

static intention

「どうせなら日本語だけでなく英語で(可能ならスペイン語や中国語とかでも)ページを作ってみよう!」と思いつきました。実際に当サイトは英語ページもあります。

日本語ページに比べればコンテンツ量は微々たるものですが、今後固定ページのコンテンツを増やしていくとともに、英語版の固定コンテンツも増やしていきます。

新技術を実践する

レスポンシブデザインと情報量

静的志向はスマホ・タブレット・パソコンの、どれから閲覧しても表示が最適化されています。これはレスポンシブデザインというものです。

パソコン表示

↑パソコン表示

タブレット横表示

↑タブレット(横)表示

タブレット(縦)表示

↑タブレット(縦)表示

モバイル表示

↑モバイル表示

また単に最適化されるだけでなく、どの端末から閲覧しても表示されるコンテンツは同じです。要するに「パソコンはたくさんの情報、スマホは簡略化された情報」というものでなく「画面の小さいスマートフォンからでも全コンテンツ閲覧可能」ということです。

私自身がパソコンとスマホで情報量に差があるサイトに不満があったので、自分の運営するサイトでは絶対に閲覧端末による情報量の差が出ないようにしています。

AMP(Accelerated Mobile Pages)による爆速ページ

2017年5月からブログ投稿をampに対応させました。

amp表示結果

Google検索結果に「AMP」と表示されるようになっています。

Sponsor Link

シェアしてくれると嬉しいです